Windows環境でMinGWによるOpenCobol環境構築

メインフレームに比べ、コンパイラの精度に違いがありますが、OpenCobol環境として
MinGWによる環境構築方法です。

+++  事前準備  +++
①以下のサイトから「mingw-get-setup.exe」をダウンロードします。
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_mingw/downloads/Installer/mingw-get-setup.exe/

②opensourceCOBOL とvbisamをダウンロードします。
(2016/04/29)
既にリンク切れしていたため、リンク先を更新します。
http://www12.ocn.ne.jp/~peg/bin/download.html

  • opensource-cobol-1.3J-1.zip
  • vbisam-2.0-1.zip

https://www.osscons.jp/osscobol/download/v1_4j/
☆Windows[x86_64, x86]にzipのダウンロードリンクがあります。
前のバージョンも「ダウンロード」→「リリースインフォーメーション」から辿れば取得出来そうですが、最新版で問題はないかと思われます。

  • opensource-cobol-1.4.0J-1.zip

http://www.edu.tuis.ac.jp/~mackin/lang/download/vbisam-2.0-1.zip

  • vbisam-2.0-1.zip

+++  導入手順  +++
①「mingw-get-setup.exe」を実行し、MinGWをインストールします。

②環境変数Pathにパスを通します。
例)Cドライブ直下にMinGWをインストールした場合
C:\MinGW\bin;

③opensourceCOBOL、vbisamを解凍したものをMinGWがインストールされたフォルダ内
に上書きします。(binなどの同じフォルダは上書き)

④「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「MinGW Installation Manager」を
起動します。

⑤Basic Setupを選択し、以下のPackageを選択します。
※適用方法は、対象のPakage上で右クリック→「Mark for Installation」で選択
(チェックボックスが黄色矢印に変わりますが、まだ適用されていない)

  • mingw-developer-toolkit
  • mingw32-base
  • mingw32-gcc-g++
  • msys-base

⑥⑤で選択したPackageを適用します。
「Installation」→「Apply Changes」を選択し、適用
(チェックボックスが緑色に変わります)

⑦All Packagesを選択し、以下のPackageを選択します。
※全て必要とは限りませんので、あくまで参考設定としてください。

  • mingw32-base(bin)
  • mingw32-binutils(bin)
  • mingw32-binutils(dev)
  • mingw32-gcc(bin)
  • mingw32-gcc(dev)
  • mingw32-gcc(lic)
  • mingw32-gcc-g++(bin)
  • mingw32-gcc-g++(dev)
  • mingw32-gdb(bin)
  • mingw32-gettext(bin)
  • mingw32-gettext(dev)
  • mingw32-gettext(dll)
  • mingw32-gmp(dev)
  • mingw32-gmp(doc)
  • mingw32-gmp(info)
  • mingw32-gmp(lic)
  • mingw32-libasprintf(dll)
  • mingw32-libgcc(dll)
  • mingw32-gettextpo(dll)
  • mingw32-libgmp(dll)
  • mingw32-libgmpxx(dll)
  • mingw32-libgomp(dll)
  • mingw32-libiconv(bin)
  • mingw32-libiconv(dev)
  • mingw32-libiconv(dll)
  • mingw32-libintl(dll)
  • mingw32-libltdl(dev)
  • mingw32-libltdl(dll)
  • mingw32-libmpc(dll)
  • mingw32-libmpfr(dll)
  • mingw32-libpdcurses(dev)
  • mingw32-libpdcurses(dll)
  • mingw32-libpthread-old(dll)
  • mingw32-libpthreadgc(dll)
  • mingw32-libquadmath(dll)
  • mingw32-libssp(dll)
  • mingw32-libstdc++(dll)
  • mingw32-libtool(bin)
  • mingw32-libz(dll)
  • mingw32-make(bin)
  • mingw32-mingw-get(bin)
  • mingw32-mingw-get(gui)
  • mingw32-mingw-get(lic)
  • mingw32-mingwrt(dev)
  • mingw32-mingwrt(dll)
  • mingw32-pdcurses(bin)
  • mingw32-pdcurses(doc)
  • mingw32-pdcurses(lic)
  • mingw32-w32api(dev)
  • msys-autogen(bin)
  • msys-base(bin)
  • msys-bash(bin)
  • msys-bison(bin)
  • msys-bsdcpio(bin)
  • msys-bsdtar(bin)
  • msys-bzip2(bin)
  • msys-core(bin)
  • msys-core(doc)
  • msys-core(ext)
  • msys-core(lic)
  • msys-coreutils(bin)
  • msys-coreutils(ext)
  • msys-cvs(bin)
  • msys-diffstat(bin)
  • msys-diffutils(bin)
  • mss-dos2unix(bin)
  • msys-file(bin)
  • msys-findutils(bin)
  • msys-flex(bin)
  • msys-gawk(bin)
  • msys-grep(bin)
  • msys-guile(bin)
  • msys-gzip(bin)
  • msys-inetutils(bin)
  • msys-less(bin)
  • msys-libarchive(dll)
  • msys-libbz2(dll)
  • msys-libcrypt(dll)
  • msys-libexpat(dll)
  • msys-libgdbm(dll)
  • msys-libgmp(dll)
  • msys-libguile(dll)
  • msys-libguile(rtm)
  • msys-libiconv(dll)
  • msys-libintl(dll)
  • msys-libtdl(dll)
  • msys-liblzma(dll)
  • msys-libmagic(dll)
  • msys-libminires(dll)
  • msys-libopenssl(dll)
  • msys-libopts(dll)
  • msys-libpopt(dll)
  • msys-libregex(dll)
  • msys-libtermcap(dll)
  • msys-libxml2(dll)
  • msys-lndir(bin)
  • msys-m4(bin)
  • msys-make(bin)
  • msys-mktemp(bin)
  • msys-openssh(bin)
  • msys-openssl(bin)
  • msys-patch(bin)
  • msys-perl(bin)
  • msys-rsync(bin)
  • msys-sed(bin)
  • msys-tar(bin)
  • msys-termcap(bin)
  • msys-texinfo(bin)
  • msys-vim(bin)
  • msys-xz(bin)
  • msys-zlib(dll)

⑧⑦で選択したPackageを適用します。

+++  コンパイル方法  +++
①テキストエディタ等でCOBOLソースを作成し、任意のディレクトリに格納

②コマンドプロンプトを開き、①を格納したディレクトリに移動し、下記コマンドを実行
cobc -x [①で作成したCOBOLソース名]
※exeファイルが作成されます。

例)COBOL.txtのサンプルCOBOLの場合
cobc -x COBOL.txt
※COBOL.exeが作成されます。

+++  実行方法  +++
コンパイルで作成されたexeファイルを実行する。
例)COBOL.exe

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中